>   >  信用できる借入れ先の条件について考えてみる

信用できる借入れ先の条件について考えてみる

信用できる借入れ先の選び方として、銀行や銀行系など大手業者を選ぶこと
最も簡単な方法といえるわけですが、なぜ大手業者だと信用度が高い
といえるのか?ちょっと考えてみましょう。

個人から借りたと仮定すると

ここでは借入れ先を個人に当てはめてみることにします。

・年収1000万円のAさん
・年収200万円のBさん


この二人から100万円を借りるとしましょう。
そして借りた後に、この二人の年収が100万円ずつ減ってしまったとしたら
どうなるでしょうか?

Aさんは100万円減っても年収は900万円ありますから、生活に支障はないであろうと想像できます。あなたが借りている100万円についてもこれまで通り、返済を続けてゆけば問題ないはずです。

Bさんは100万円減ると年収は100万円になってしまいます。あなたに貸している100万円もできるだけ早く返してほしいと考え、約束よりも早めに返済してくれと言ってくるかもしれません。もしくは月々の返済額を少しでも多くして欲しいと言ってくるかもしれません。年収が半分になってしまったわけですから、余裕がないのも頷けますね。

大手銀行は資金が豊富にありますから、この場合Aさんに、
中小の消費者金融は資金を借り入れて、業務を行っている場合がほとんどですから、
この場合Bさんに該当するといえます。
どうでしょうか?信用度が高いといえるのがどちらか一目瞭然ですね。

金融業界の一寸先は闇

大手銀行や大手消費者金融が経営破綻することはほぼありません。
え?それってホントでしょうか?

少し前までであれば、その通りといえましたが、近年ではリーマンショックがあったり、 大手業者である武富士が経営破綻したりと、世界的に経済が不安定となってきている昨今では、絶対大丈夫という金融業者は存在しません。まさに一寸先は闇、なにが起こっても不思議はないといえます。

そういった意味では、大手だからといって信用度が高いとはいいきれない面もありますが、 キャッシングサービスを行っている業者(会社)を相対的に比較するのであれば、やはり大手業者のほうが信用度が高いといえるのではないでしょうか。

では中小業者で借りるメリットってなに?

このように書いてくると、みんながみんな大手業者から借りるのが一番なんじゃないかと思えてしまう面もあります。中小業者で借りても金利が高かったり、利便性が悪かったり、なんにもいいことないような気がします。メリットがあるのか?と。

中小業者で借りるメリットはズバリ、審査のハードルが低い点です。これに尽きます。 大手業者では審査に通らないという方でも、中小業者でなら審査に通過できる可能性が高いです。つまり最初から顧客のターゲットが違うということなのです。

こういったことから考えると、これまでに他社借入れがない方、初めての借り入れという方の場合なら、まずは大手業者を利用し、もしも審査に通過できなかったなら、中小業者も視野にいれるといった順番は理に適っています。信用できる業者云々以外にも、まず大手業者を選ぶ理由がここにあるわけです。