>   >  キャッシングの価値とは?お金が無価値になる日それはこの世を去る日からの考察

キャッシングの価値とは?お金が無価値になる日それはこの世を去る日からの考察

阿部さんがアベノミを開始してから円安が進み給料があーだこうだという話は今まで経済に興味がなかった人も否が応でも耳にするようになっている昨今かと。

お金は経済合理性で動いているから価値があるだけ

お金っていったい何なんでしょうね。キャッシングするお金と自分で稼いだお金の価値は主観的に見れば当然全く違う価値が出てきます。ですが、客観的にみれば金に優劣はありません。今は経済合理性が世の中心でお金がヒト・モノ・カネを動かしています。 「世の中金じゃないよ」というのは一理ありますが、99%金は必要であり、借金をしている人がそんなセリフは負け惜しみにしか聞こえない?かもしれません。

しかし、先ほどいった経済合理性で動いているから金に価値があるという点。 ここが結構大事なのかなと思います。例えば日本を離れて、どこか、希少な民族の集落に行くと今の時代にも関わらず、お金など使わず、狩りをし、宴をし、自然と一体化した生活をしている人も少人数ながら存在します。そういった民族からすれば間違いなくお金は無価値なのです。

某偉い人も言っていましたが、この社会は賢い人にお金が流れる仕組みだと言っていました。つまり、賢くない人がお金を献上しているということですかね。ちょっと腹たちますが、大まかに言うとそういうことなのかもしれません。

キャッシングの価値とは、世の中は一応お金で動いており、何もかもがお金で交換されるわけでお金以外の努力も大切ではありますが、例えばスーツがなければ就職活動もできないわけで、やっぱり間接的にお金が必要なわけですよね。そう考えるとキャッシングの価値とは無駄に借りてしまう人も沢山はいますが、何かを掴む時のチャンスとも言えるのかなと思いました。

また、こんな文章を書いていながら思うわけですが、この世の中を去る日はあなたにとってお金は無価値になる日です。冒頭で言った通り、客観的(生きている人)にとってあなたのお金にはまだ価値がありますが、あなたにとっては価値がないのです。

キャッシングは必要悪?生きているうちはカネより大事なことがあるから

だから、生きているうちはお金で解決できることがあるなら使う方が正しいのかなと個人的には考えています。さっきの就職の例え話以外にもお金がネックでソレを買わないから将来がすさんだものになる。と目の前でわかっているのにできないのはバカバカしいです。

経済合理性で動いているのですから金で解決できることはたくさんあります。 またそんな時代というかそういう国に生きているのですから金は手段として使わない手はないのではないでしょうか。もちろん無駄に借りる事程バカげたことはありません。

てかあれですね。内話なんですが世の中がお金じゃない時代になるとして、1年後お金は紙くずになりますって決まったらキャッシング 審査とかめちゃくちゃ甘くなるのかなwとかふと思いました。